歌詞

13月の雨

羅勲児

作詞
たきのえいじ
作曲
森高千里

片手ばかりの荷物を下げ

リムジンバスに乗り込む私

旅の名残りをかき消すよに

雨が窓辺を叩く


帰りたくないわひとりの部屋に

せめて雨が止むまであなた眠らせて

見失っていただけやさしさを

だからあなた私にそっと耳元で

愛し方を教えて


むきになるのが若さだよと

いつも笑って云ってたあなた

ごめんなさいね気付かないで

勝手すぎたわ私


湾岸の灯り心にしみる

離れていた分だけあなた抱きしめて

胸の痛みその手で切り取って

知らず知らず涙がほほを駈けてゆく

おもいでさえ隠して


帰りたくないわひとりの部屋に

せめて雨が止むまであなた眠らせて

見失っていただけやさしさを

だからあなた私にそっと耳元で

愛し方を教えて

愛し方を教えて

提供: うたまっぷ