歌詞

愛を宿して

南こうせつ

作詞
荒木とよひさ
作曲
南こうせつ

悲しくなるほど あなたを愛して

時には心で 時にはこの手で ただ抱きしめ

疲れた身体を 夢で癒したら

また偉くなって あしたの何処かへ さあ出かけて

この世に授かった あなたは ひとりだけ

たとえ涙を 胸に宿しても

愛に生きて 愛に死ねる そんな生き方が

桜のように 儚くても あゝ 綺麗


切なくなるほど あなたの弱さを

時には叱って 時には慰さめ ただ抱きしめ

寂しい心を 夢で遊んだら

また子供になり どこかの野原へ さあ出かけて

この世に授かった 生命は ひとつだけ

たとえ想い出 ここで見捨てても

愛を抱いて 愛に眠る そんな生き方が

夢のように 終わるのなら あゝ 綺麗


この世に授かった あなたは ひとりだけ

たとえ涙を 胸に宿しても

愛に生きて 愛に死ねる そんな生き方が

桜のように 儚くても あゝ 綺麗

提供: うたまっぷ