歌詞

紅い蓮

マルシア

作詞
ちあき哲也
作曲
松岡直也

キスしたけど 恋はしないでね

褒め言葉の お返しのつもり

星 間近に 摩天楼の酒場

お手上げだわ 雲の下は雨

踊って サンバに酔いしれたまま

泡沫の罠に 堕ちてもいい

トワレの 香りにそそられたなら

今 名前に 意味などないの

下さいCHOVE CHUVA あなたのCHOVE CHUVA

濡れるほど 華はせつなく色づく

雫もCHOVE CHUVA 真紅のCHOVE CHUVA

炎から あの日 生まれてきたのよ


見ず知らずの 関係が素敵なの

物語は いつも1ペイジ

メイクを替え 過去も着替えして

愛されたい 人という人に

踊って 今夜のアドレスはここ

ミステリーなんか 解くのは野暮

はじめて 女性を覗かれるよう

今 あなたに 純情だから

下さいCHOVE CHUVA しとどにCHOVE CHUVA

濡れながら 華がその掌に散るまで

咲かせてCHOVE CHUVA なんどもCHOVE CHUVA

炎から あの日 生まれてきたのよ


だってからだが だって炎が

(炎を呼ぶの)だって生きてる

O… O… O… 咲きつくしたい


踊って アマロはけしかけるけど

情熱の嵐は 吹かないけど

踊れば 心のよくばりな幻想

今 少しは 眠ってくれる

下さいCHOVE CHUVA あなたのCHOVE CHUVA

ひと肌が 華の育った場所なの

雫もCHOVE CHUVA 真紅のCHOVE CHUVA

炎から あの日 生まれてきたのよ


もっと妖しく もっと果てなく

(眩暈を分けて)もっとあなたも

O… O… O… 明日は明日

踊って サンバに酔いしれたまま

泡沫の罪を 重ねていい

トワレの 香りのめぐり逢いでも

今 あなたに 純情だから

下さいCHOVE CHUVA あなたのCHOVE CHUVA

濡れるほど 華はせつなく色づく

咲かせてCHOVE CHUVA なんどもCHOVE CHUVA

炎から あの日 生まれてきたのよ

(炎から あの日 生まれてきたのよ)

炎から あの日 生まれてきたのよ

提供: うたまっぷ