歌詞

deja vu

斉藤和義

作詞
斉藤和義
作曲
斉藤和義

何処かで見たこの場面は 遠い昔 眺めてた未来

素肌のまま眠る君の顔を見つめ 思い出していた


夢のような 陽射しがとけて

君が着てたシャツも 新しい日常も

やわらかにつつんでいく


君の胸に耳をあてる 何故か不思議 なつかしいメロディ

大きな水の中で 泳ぐ魚のように 眠る子供のように

揺れるレモンのように もどかしい言葉も嘘も

哀しみの涙も すべてつつむメロディ


虹のような光がとけて

透ける白い肌が 眺めてた未来が

鮮やかに浮かび上がる


夢のような君が目覚める

まためぐり逢えたね 求めてた世界を

思い出すキスをしよう

提供: うたまっぷ