歌詞

涙が迎えに来てるから

小柳ルミ子

作詞
荒木とよひさ
作曲
三木たかし

あなたの情愛だけで 身体を包めたら

心がこんなにも 寒くふるえない


抱かれているときも 本当は淋しくて

拒めば その背中 冷たい壁になる


夢は悲しい生き物 ちがう匂いが好きなら

寝たふりをしてるから そっと出て行って


別れを延しても あしたがないのなら

ふたりが可哀想 涙がそこまで 迎えに来てるから


あなたの爪までも 嫌いになる前に

上手な幕切れで すべて終わらせて


女は胸の中 憎しみ 隠してる

いまなら想い出を 綺麗に出来るから


時は不幸な生き物 ちがう明日が好きなら

足音を忍ばせて そっと出て行って


心を取り乱し みじめになるよりも

あなたを許せたら 涙がそこまで迎えに来てるから


夢は悲しい生き物 ちがう匂いが好きなら

寝たふりをしてるから そっと出て行って


別れを延しても あしたがないのなら

ふたりが可哀想 涙がそこまで迎えに来てるから

涙がそこまで迎えに来てるから

提供: うたまっぷ