歌詞

冬が来た!

吉田朋代

作詞
天野滋
作曲
野下俊哉

去年の私よりもずっとステキになる

リフトの上で彼の肩にもたれてみたいの

去年の私よりもずっとキレイになる

まぶしい雪の中をシュプール描きたいの

Turu…


今年も冬が近づいてくるのね

時が経つのは早いわ

小麦の肌はとっくに情けない

水着の痕も消えたわ

二人踏んだゲレンデの雪

一年経ったら違うね

雪と汗が重なりあった

切なすぎるこのメモリー

星降る空を見上げたら

瞳に雫

あの日のテープを探したけれど

やっぱりあの人に貸したまま


去年の私よりもずっとステキになる

リフトの上で熱い頬を冷やしてみたいの

去年の私よりもずっとキレイになる

雪のプリズム同じところで眺めるの

Turu…


今年の冬は何かが起こりそう

みんな期待過剰だわ

吹雪の中で突然出会うのは

ハリソンフォードなわけない

恋をしても半年なんて

ジョークにするしかないでしょう

こんなだからいつになっても

お嫁になんか行けない

眠れぬ夜はベランダに

椅子を運んで

スキーの板磨いて過ごしたの

今度のお休みを考えて


去年の私よりもずっとステキになる

リフトの上で彼の肩にもたれてみたいの

去年の私よりもずっとキレイになる

まぶしい雪の中をシュプール描きたいの


去年の私よりもずっとステキになる

リフトの上で熱い頬を冷やしてみたいの

去年の私よりもずっとキレイになる

雪のプリズム同じところで眺めるの


去年の私よりもずっとステキになる

リフトの上で彼の肩にもたれてみたいの

去年の私よりもずっとキレイになる

まぶしい雪の中をシュプール描きたいの

提供: うたまっぷ