歌詞

青空

高橋幸宏

作詞
森雪之丞
作曲
高橋幸宏

忘れられない 夏のような日々が

ある日突然 僕をせつなくさせる

競馬場のある街で

僕らは恋していた


夢を見てれば それで倖せだった

そんな時代は 二度と帰らないけど

抜けるような青空は

あの日に続いている


友達に 聞いた

別れて 君がひとりになったと

地下鉄に 飛び乗り

大きな ビルが建った広場で

君を探してた


何処かで 逢いたい

遠く離れていた 心を

陽光に 溶かして

夢の続き 話そう


君の瞳は いつも僕を見てた

僕の後ろに 空と未来があった

抱きしめあう眩しさで

僕らは恋していた


絵葉書を 買ったよ

あふれる 僕の想い託した

青空の葉書


何処かで 逢えるね

遠く離れていた 心を

陽光に 溶かして

夢の続きをまた 話そう


いつかは 逢えるさ

遠く離れていた 心を

陽光に 溶かして

夢の続き 話そう

提供: うたまっぷ