歌詞

陽の当たる大通り

PIZZICATO FIVE

作詞
小西康陽
作曲
小西康陽

死ぬ前に

たった一度だけでいい

思いきり笑ってみたい

陽の当たる大通りを

口笛吹いて歩いていく


一張羅のポケットの中

いつだってお金はないけど

陽の当たる大通りを

アステアみたいに

ステップ踏んで


表通りの真ん中で

偶然あなたに出逢って

大きな声で名前を呼んで

抱き合ってキスして


死ぬ前に

たった一度だけでいい

思いきり愛されたい

陽の当たる大通りを

口笛吹いて

肩をならべて


そしてあなたと朝まで

バラ色のベッドのその中で

たわいのないこと話しつづけて

抱き合ってキスして


死ぬ前に

たった一度だけでいい

思いきり笑ってみたい

陽の当たる大通りで

涙が出るほど笑ったなら

口笛吹いて歩き出すの

アステアみたいに

ステップ踏んで

バイバイ

バイバイ

バイバイ

バイバイ

バイバイ

バイバイ

バイバイ

提供: うたまっぷ