歌詞

3年過ぎた頃には

高橋由美子

作詞
白峰美津子
作曲
若松歓

サイテーなヤツだと あなたは怒ってる

となりで彼女が あどけなく笑った


恋するふたりと テーブルはさむたび

冷たくしたり わざと キツイこと言ったり


ねぇ 意地悪だと 思うほど強く

胸に きざんで


3年過ぎた頃から きっとあなたは わたしを

忘れられなくなるわ


3年過ぎた頃には きっとあなたは わたしを

見つめるたびに 好きになる


それでもひとりで 風邪引いた夜とか

予定もバイトも 投げ出して走った


こんなにあなたを 思ってるヤツには

どれだけ恋をしても 二度と逢えないでしょう


ねぇ その彼女と 付き合ってなさい

今は いいから


3年過ぎた頃から きっと友達なんかで

ほおっておけなくなるわ


3年過ぎてあなたに たとえ打ち明けられても

たやすく好きと 言わないの


街で 腕組んだふたりを見た

どうして涙なんて しっかりしてよね


3年過ぎた頃から きっとあなたは わたしを

忘れられなくなるわ


3年過ぎた頃には セーターのすそ つまんで

あなたと街を 歩いてる

提供: うたまっぷ