歌詞

あなたのいない休日

平松愛理

作詞
平松愛理
作曲
平松愛理

あの服買って 髪をカッコ良くして

この鏡の中の私より

キレイになったら 会いに行こう

だけどあなたが 前みたいに優しく

電話くれるかもしれないから

あと1日は待ってみよう

なぜ孤独は 夢を食べて 育っていく

そう あなたのいない休日は


遠く離れてからは 毎晩電話してたね

距離の分の愛が増えた

おしゃれと好きな映画 友達とのつき合い

きりつめても 幸福だったのに


受話器の傍多分いた人

私よりあなたを知っているの

二人ならば願い叶うと

それはまだ信じててもいいの


あのくつ買って ウエストを細くして

この鏡の中の私より

キレイになったら たずねよう

けどもしも今 心配してた通りに

打ち明けられると恐いから

あと1ヶ月待ってみよう

もう消えそうな望みさえも ないよりいい

そう あなたのいない休日は


塩辛いキスをした 最後のプラットホームで

ベルの音よ 止まないでと

追いかけて 手を振ったあなたの窓はすぐに

細くにじみ 遠く消えてった


あなたのとこ 送ったカンナ

もう私のは花を咲かせたよ

恋とか愛 関係のない

話しでもいい声がききたい


プライドという弱さを脱ぎ捨てたら

この鏡の中の私より

強くなれるから 会いに行ける

そしてあなたの部屋を訪れた時

予感当たってガックリきても

あなたの目をじっと見て言うのよ

愛している 許したげる 帰ってきて

そう あなたのいない休日は

誰もいない 遊園地みたい

提供: うたまっぷ