歌詞

オヤジの背中

加山雄三

作詞
山上路夫
作曲
弾厚作

オヤジの背中を 見つめて生きて来た

時にはきびしくて 離れ見ていた

ある日は喜びに ゆれてた背中よ

今見えるよ 目を閉じれば

ただひたすらに 生きてた姿が

男たちは その人生を

語っている 背中で


男が隠した 心の中だって

背中に出るものさ 分かるもんだぜ

オヤジの幸福も 涙も知ってる

今息子も この俺を

じっと見ているよ うしろ姿を

男たちは その人生を

語っている 背中で


今見えるよ 目を閉じれば

ただひたすらに 生きてた姿が

男たちは その人生を

語っている 背中で

提供: うたまっぷ