歌詞

風になるまで

BLANKEY JET CITY

作詞
浅井健一
作曲
浅井健一

キスしてくれないか 僕のこのナイフに

彼はきっとうれしくて体中ふるえ出す

これが最後さもう二度と 会うこともない

僕はこの街を出てゆくのさ

何もかも置き去りにして

たえまなく流れてる

車の色をずっと言い続けてる君が

冷たいガラスに見えるよ

それはきっといいことだろう

流線形の僕の気持ちは

音もたてずに溢れ落ちる 水のようさ

誰れからも愛されずに 夕暮の中を歩いてく

黒いシャツに映った

きれいなオレンヂ色のように


誰も知らない国の海沿いの街へと

君の愛したこの青い空を持って

小さな駅で降りるとそこには

白い街並み 夏の朝

僕は荷物をかかえて

はじめての坂を降りてゆく

誰れからも愛されずに 知らない世界の中へ

何が起きたってかまわない

いつの日か風になるまで

震える心打ち消して

砕けちる日差しの中へ

いつでも胸の奥に

明るい光を抱いて

キスしてくれないか

僕のこのナイフに

彼はきっとうれしくて

体中ふるえ出す

提供: うたまっぷ