歌詞

Martiniqueの海風

今井美樹

作詞
今井美樹
作曲
坂本龍一

短い影を写す砂浜

真夏の陽射し浴びている

まぶしいほどのぬける青空

何故か胸をしめつけるの


むせるくらいに暑い空気が

体中まとわりついて

汗ばむように心の痛みが

流れだしてゆくわ


離れる事が必要だった

行くあては何もないけど

2人を包む止まった時間から

ただ逃げたかったの


海からそよぐ風が

優しくすり抜ける

いつかあなたの腕に

抱かれた時のように


あなたの夢と歩いてゆくの

そんな想いにしばられて

私はどこへ向かっているのか

見えなくなっていた


ゆれる光の中で

心が溶けてゆく

深くむすばれていた

笑顔の日々のように


それぞれに見つめる

明日の未来図は

自分のインクで

描いてゆくの


今でも愛してると

心から思うの

会えない時間の中で

自分を知った


海からそよぐ風が

優しくすり抜ける

けれどあなたの優しさ

もう待たないと決めた

提供: うたまっぷ