歌詞

野いちごがゆれるように

CHAGE&ASKA

作詞
飛鳥涼
作曲
飛鳥涼

指を折りながら 想い出すのは

いつか愛した 誰かのこと


すべてすべては 変わりつづける

落ちた涙が 蝶々になる 追いたくなる


過ぎて行く時間だけは 変わらない


恋して燃えた日は 誰も懐かしい

いくつかの物語に 服を着せて

やさしくなれれば それだけでいい


からだの何処かに 河が流れて

夢の残りを 流してみる 流してみる


雨あがりの空の下 遠い日の夕焼けの歌

青い実をゆらしてる いちごになる 泣きたくなる


想い出に抱かれても 罪はない


恋して燃えた日は 誰も懐かしい

幸せと悲しみとが 寄り添って

甘い実をつける 見つめている


野いちごゆれた

野いちごゆれた


恋して燃えた日は 誰も懐かしい

いくつかの物語に 服を着せて

やさしくなれれば それだけでいい


恋して燃えた日は 誰も懐かしい

幸せと悲しみとが 寄り添って

甘い実をつける 見つめている


恋して燃えた日は 誰も懐かしい

恋して燃えた日は 誰も懐かしい

恋して燃えた日は 誰も懐かしい…

提供: うたまっぷ