歌詞

水の部屋

CHAGE&ASKA

作詞
飛鳥涼
作曲
飛鳥涼

扉を開けたら 雨の中の自転車

古い写真に見つめられたら 動けない


僕を責めた人 レンズをしぼりながら

心の中に紛れ込んだまま 白になる


ああ 桜散る門をぬけて

母の手を引く 走る


僕はあの日の 靴をぬいで

風を添えた 色を添えた 景色の中


やがて君と この部屋に

帰って行く


肩の温もりの横に君が居るけど

なにかひとつは抱えてるもの 同じだね


近づく明日と 遠ざかる昨日と

同じところに辿り着くような なら歩こう


ああ 折り紙のやさしさで

愛を感じて行ける


失くした物は 何もないよ

風を添えた 色を添えた 景色の中


いつもふたり この部屋で

糸をつなぐ


僕の幼い日の夢を 君と訪ねたなら

もっと君を もっと僕を もっと好きになる


僕の幼い日の夢を 君と訪ねたなら

水の部屋で 今を見てる


やがて君と この部屋に

帰って行く

提供: うたまっぷ