歌詞

京のにわか雨

小柳ルミ子

作詞
なかにし礼
作曲
平尾昌晃

雨だれがひとつぶ頬に

見上げればお寺の屋根や

細い道ぬらして

にわか雨が降る

私には傘もない

抱きよせる人もない

ひとりぼっち泣きながら

さがす京都の町に

あの人の面影

誰もいない心に

にわか雨が降る


日が暮れて鴉が帰る

人はみな家路を急ぐ

河岸をぬらして

にわか雨が降る

雨の日も鐘は鳴る

むせぶよに鐘は鳴る

指を折ってかぞえながら

祈る京都の町に

あの人の幸せ

愛をさがす心に

にわか雨が降る

提供: うたまっぷ