歌詞

鶴と亀

歌川二三子

作詞
歌川二三子
作曲
くにひろし

ハァー春のはじめに この家旦那様は

七福神のお供して コラ俵つみに参った


今日は 娘の 嫁入りと

庭の 小梅も ほころびを

見せて くれたは 祝うため

花嫁 すがたが 良くにあう

祝う 言葉は 鶴と亀


(台詞)

ハァーめでたい めでたい


やっと おまえに さずかった

かわい 初孫 じじ ばば は

だいて うれしいや 恵比寿顔

我家の 宝が また ひとつ

祝う 言葉は 鶴と亀


年の 初めに 目出度いと

お家 繁盛 俵つみ

無病息災 金茶釜

炉りを 囲んで 福がくる

祝う 言葉は 鶴と亀


ハァーめでたいナー めでたいナー

この家 旦那様は 億万長者と申される

提供: うたまっぷ