歌詞

浮夜舟

千葉一夫

作詞
木下龍太郎
作曲
花笠薫

人目忍んだ はずなのに

なんで邪魔する 月明かり

帯をこの手が 解くまで

うしろを向いてて くださいね

何度 逢う瀬を 重ねても

女 恥じらう 浮夜舟


声を潜めて いるものを

岸で鳴くのは 川千鳥

堪え切れずに 乱れたら

私を叱って くれますか

そっと身を寄せ 強い手に

胸を預ける 浮夜舟


帰り支度を 急がせて

西に傾く 月の影

紐で身体を 結び合い

流れて行けたら いいですね

叶う当てない この恋が

無理を言わせる 浮夜舟

提供: うたまっぷ