歌詞

酒挽歌

小林旭

作詞
たきのえいじ
作曲
浜圭介

酒場は男の 途中駅

おもいで背おって 降りる駅

誰も昔が 恋しいくせに

声を殺して かくれんぼ

酒に 酒に おまえが映る

何故に 何故に 捨てたと せめたてる


古びたシネマか この路地も

おもえば昭和が 遠くなる

ひとりしみじみ 酔いしれながら

酒を心に 流しこむ

女 女 おまえは女

俺は 俺は 酒場で 夢をみる


すだれをくぐって 夏が往き

とまり木伝いに 秋がくる

問わず語りに つぎ足す酒が

過ぎた暦を まためくる

抱いて 抱いて おまえを抱いて

添い寝 添い寝した日が 身を焦がす

提供: うたまっぷ