歌詞

東尋坊

水森かおり

作詞
木下龍太郎
作曲
弦哲也

別れ旅する 女の胸を

見抜いて泣くのか 日本海

波の花散る

しぶき 越前 東尋坊

行きは貴方が 道連れだけど

帰りは涙と ふたり連れ


共に暮して 初めて知った

男と女の 夢違い

こころ凍える

わかれ 越前 東尋坊

後を引くのは 分かっていても

想い出づくりの 旅綴り


右と左に 別れる影を

夕陽が染めてく 日本海

うしろ髪引く

みれん 越前 東尋坊

襟を何度も 合わせてみても

身体に沁み込む 向い風

提供: うたまっぷ