歌詞

傷心

キム・ランヒ

作詞
永井龍雲
作曲
永井龍雲

愛していたと ひとこと言って

一度は私を 誰よりも

それで黙って 戻って行くの

ひとりぼっちの私に


人込みに 肩ぶつけて

すれ違う人に 叱られて

ふと 自分に返って

惨めな気持ちになる


他の誰かと 幸せの階段上る

好きだったからこそ

密かに 身を引く


愛していたと ひとこと言って

一度は私を 誰よりも

それで黙って 戻って行くの

ひとりぼっちの私に


突然の にわか雨に

ずぶ濡れの髪を ハンカチで

そっと 拭ってくれた

それが初めての朝

心優しい 臆病な貴方のことを

苦しめたくないから

この街 出て行く


愛していたと ひとこと言って

一度は私を 誰よりも

それで黙って 戻って行くの

ひとりぼっちの私に


愛していたと ひとこと言って

一度は私を 誰よりも

それで黙って 戻って行くの

ひとりぼっちの私に


ひとりぼっちの私に

提供: うたまっぷ