歌詞

雪の最上川

大泉逸郎

作詞
井山計一
作曲
大泉逸郎

ヨーエサノマカショ

エンヤコラマーカセ


雪にうもれて 岸辺の舟が

心もとなく 揺れている

あなたとふたりの 最上川

頬にさらさら 舞い散る雪は

紅も哀しい あゝ雪化粧


墨絵ぼかしの 白糸の滝

細くせつなく 舞い落ちる

ふたりで旅する この船で

白くつらなる 雪山見つめ

指をからめる あゝ雪見船


出羽路くだりの 義経主従

結ぶえにしの 仙人堂

こよなくはかない 旅枕

波にただよう 笹舟流し

恋のみちのく あゝ最上川

提供: うたまっぷ