歌詞

お宝女房

香田晋

作詞
関口義明
作曲
徳久広司

うまく世渡り 出来ない俺の

そばに寄り添い 背にすがる

愚痴をこぼせば 笑顔で受けて

陰で支える いい女

そうだよ お前は そうだよ お前は お宝女房さ


風に吹かれて 乱れる髪を

直す仕草が いとおしい

たまに連れ出しゃ 化粧も映えて

人が見返る いい女

そうだよ お前は そうだよ お前は お宝女房さ


ついて来てくれ 男の夢に

俺を信じて この先も

少し飲めよと グラスに注げば

肩で甘える いい女

そうだよ お前は そうだよ お前は お宝女房さ

提供: うたまっぷ