歌詞

転がる石

石川さゆり

作詞
阿久悠
作曲
杉本眞人

十五は 胸を患って

咳きこむたびに 血を吐いた

十六 父の夢こわし

軟派の道を こころざす


十七 本を読むばかり

愛することも 臆病で

十八 家出の夢をみて

こっそり手紙 書きつづけ


ああ ああ

ああ ああ…


転がる石は どこへ行く

転がる石は 坂まかせ

どうせ転げて 行くのなら

親の知らない 遠い場所


怒りを持てば 胸破れ

昂りさえも 鎮めつつ

はしゃいで生きる 青春は

俺にはないと 思ってた


迷わぬけれど このままじゃ

苔にまみれた 石になる

石なら石で 思いきり

転げてみると 考えた


ああ ああ

ああ ああ…


転がる石は どこへ行く

転がる石は 坂まかせ

どうせ転げて 行くのなら

親の知らない 遠い場所


転がる石は どこへ行く

転がる石は 坂まかせ

どうせ転げて 行くのなら

親の知らない 遠い場所

提供: うたまっぷ