歌詞

浪花の春

神野美伽

作詞
もず唱平
作曲
市川昭介

一緒に暮らしたひと冬を

なかったことにしてもいい

放さんといて夢だけは

縞の着物に角帯みたて

男のために女が買うた

ああ浪花の春はどのあたり


心で泣いても人前で

泣くのは阿呆のすることや

教えてくれたひとがいる

日向さがして育った二人

あんたとうちは相惚れやった

ああ浪花の春よ早く来い


添わせて欲しいと掌を合わせ

天神さんに願かける

三十路の肩に忘れ雪

弥生三月大川沿いの

桜もやっと蕾をつける

ああ浪花の春はもう近い

提供: うたまっぷ