歌詞

港町情話

中村美律子

作詞
池田充男
作曲
富田梓仁

行くなら抱いてと 命をかけて

あんたの愛を ひきとめる

おんなはいつも 見送るだけね

あゝ 霧笛泣け泣け

雨よ降れ降れ わかれをかくせ

夜明けがせかせる 港町


旅路の荷物を 投げこむように

ころがり込んで 来たあんた

一と夜の夢が 情けにかわり

あゝ 春は菜の花

秋はすゝきの しあわせぐらし

入船出船の 港町


背中で物言う あんたが憎い

ポロポロ落ちる 恋泪

わたしの敗けよ あんたを待つわ

あゝ 鴎啼け啼け

ついて行け行け 荒海はるか

男と女の 港町

提供: うたまっぷ