歌詞

男の航路

渥美二郎

作詞
千寿二郎
作曲
千寿二郎

命授かる この身の重さ

何を不足の 男の航路

浮き世 嵐よ 吹かば吹け

それが血となる 人物になる

限りある身の 力をためす


意気に感ずも 情に泣くも

一生一度の 男の航路

浮くも沈むも 運命の海は

力いっぱい 帆を上げりゃ

明日の光が 命を照らす


五分の魂 抱き乍ら

よせる波間に 華を見る

風も呼んでる 男の夢を

提供: うたまっぷ