歌詞

さいはて海峡

市川由紀乃

作詞
木下龍太郎
作曲
市川昭介

旅を一緒に する気でしょうか…

船の後追う 北かもめ

似た者同士の 道連れならば

いまは気強い 私には

なみだも凍る さいはて海峡


罪は私に あるのでしょうか…

愛を終わりに させたのは

やすらぎ欲しがる 女の夢は

きっと荷物ね 男には

心で詫びる さいはて海峡


遅れようとも 来るのでしょうか…

女ごころの 海明けは

凍えた両手を 暖炉にかざし

ひとり待ちたい 北の春

流氷寄せる さいはて海峡

提供: うたまっぷ