歌詞

海峡終列車

多岐川舞子

作詞
かず翼
作曲
岡千秋

風に舞い散る 粉雪が

まつげで溶けて 涙をさそう

つれて行ってと すがった胸に

遠い海鳴り 聞くなんて…

バカね未練ごころが 凍りつく

愛はまぼろし 海峡終列車


ベルが急かせて 閉まるドア

ふるえる指が あなたをなぞる

明日へ着けない 真冬の駅に

ひとり残して 行かないで…

バカね後ろ姿の 夢なのに

時刻を止めたい 海峡終列車


海に消えてく 窓灯り

思わず走る プラットホーム

呼んで戻らぬ ぬくもりならば

いっそ知らずに いたかった…

バカね女ごころが 砕け散る

あなた返して 海峡終列車

提供: うたまっぷ