歌詞

旅人

加門亮

作詞
松井由利夫
作曲
水森英夫

なごりの雪の 消え残る

山脈はるか その向う

男の夢は 何処にある

今日また昏れる 北の涯て

ひとしお沁みる 茜空


心のままに 野に生きる

葦毛の駒に 我を見る

後は向かぬ 筈なのに

名もなき花に 唇をあて

紅さし指の 君想う


風吹く胸の やすらぎは

黍酒詰めし 皮袋

汲めどもつきぬ 哀しみは

涙の褥 草まくら

明日またひとり 北へ行く

提供: うたまっぷ