歌詞

北島三郎

作詞
星野哲郎
作曲
船村徹

新しいもの すぐ古くなる

義理も人情も お笑い草か

昔ながらの 白壁越しに

今日も泣いてる 糸川柳


母のやさしさ 親父の強さ

併せ輝く 富嶽の姿

道に迷えば 初心に帰り

山を仰いで 自分をさとす


背に両親 腕に妻子

攻めて守って 火の粉を浴びる

温故知新を 表にかかげ

真一文字に 男はすすむ

提供: うたまっぷ