歌詞

雨の空港

森進一

作詞
木下龍太郎
作曲
西條キロク

ドアに挟んだ 別れのメモを

読んでいるはず いま頃は

ごめんなさいね あなた

こんな別れ方しか 出来なくて

ひとり身を引く 女の旅は

空も泣いてる 雨の空港


いまは小いさな 年の差だけど

いつか重荷に なるはずよ

初めて知ったの あなた

長さだけじゃないのね しあわせは

愛の残りと 想い出詰めた

こころ重たい 雨の空港


遠く消えてく 灯火の中に

ふたり暮した 部屋がある

捜しなさいね あなた

同じ夢を見られる いい女を

空に飛び立つ 翼の窓を

濡らす未練の 雨の空港

提供: うたまっぷ