歌詞

運命の主人公

張銀淑

作詞
ちあき哲也
作曲
徳久広司

自分で選んだの この役は

嫌よ あなたが 謝らないで…

車に乗り込む 痩せぎすな背中に

今日も励ますとなく 言っていた…

きっと女の数だけ 愛に形はあるのね

暗いものだけ見馴れて そして生きては来たけど

終着駅はここ…

もう誰にもあげない もうふり回されない

私 この運命の 主人公


泊まって行けないわ それが何

家があるわよ それが何なの…

逢えない夜には 逢いたさが教える

胸で伸びてる愛の 背の高さ…

きっと女の数だけ 愛に勁さはあるのね

昔 恋した男が 知って面白がっても

あなたと決めたから…

もう誰にもふれない もう傷つけられない

私 この運命の 主人公


きっと女の数だけ 愛に行方はあるのね

たとえやっぱり間違い これが運命じゃなくても

終着駅はここ…

もう誰にも会わない もう涙もいらない

私 この運命の 主人公

提供: うたまっぷ