歌詞

東海道

鳥羽一郎

作詞
里村龍一
作曲
叶弦大

軽い野郎が もてはやされて

俺は時代の はぐれ者

鼻で笑って 憂き世を捨てりゃ

足も踊るよ 旅の空

野暮はよしなよ お若いの

なんて次郎長 気取ってる

清水港よ 見上げる富士に

雲がわきたつ あヽヽ 東海道


腕をまわして 温める胸を

濡らすあの娘の 霧しぐれ

詫びて五十九里 袋井宿よ

此処は街道 どまん中

ああだこうだと さわいでも

過ぎた昔にゃ 戻れない

旅だ旅だよ 許しておくれ

走り雨ふる あヽヽ 東海道


ちょいと待ちなよ お若いの

急ぐ旅でも あるまいし

旅は道づれ この世は情け

酒はまだかよ あヽヽ 東海道

提供: うたまっぷ