歌詞

安曇野の雨

島津悦子

作詞
吉岡治
作曲
弦哲也

愛されつづける 自信はないの

それでも好きなら 戻れはしない

今日がよければ 明日はいいと

相合傘の肩濡らす

あー安曇野の恋 銀色の雨


傷つくことより 出会ったことに

二人の絆を 感じているの

添えぬ恋でも 大事な恋と

からめた指を凍らせる

あー安曇野の恋 銀色の雨


ほどいた黒髪 乱れるままに

過ごした一夜の 堀金の宿

雨があがれば 常念岳も

陽差しを浴びて見えるでしょう

あー安曇野の恋 銀色の雨

提供: うたまっぷ