歌詞

湯の町椿

金田たつえ

作詞
仁井谷俊也
作曲
南郷孝

かくれ咲きした 椿の花に

どこか似たよな 身のさだめ

いくら好きでも この世では

一緒になれない ひとだもの

炎えて悲しい 湯の町椿


宿の浴衣に 羞じらいながら

酔ってあなたに 躰をまかす

離れられない ふたりなら

このまま愛しい 胸の中

いっそ散りたい 湯の町椿


帰り支度の あなたの背中に

次の逢瀬を またせがむ

悪いおんなと 云われても

誰にも渡せぬ 恋だもの

夢に生きたい 湯の町椿

提供: うたまっぷ