歌詞

東京ホテル

美川憲一

作詞
池田充男
作曲
水森英夫

眠るあなたの 肩ごしに

船のランプが ゆれていた

明日のわかれを まえにして

わたしは服など たたんでた

こゝは東京 海沿いホテル

みれんでしょ おばかさん

いまもあなたに 逢いたくて

一年まえの 同じ窓から

レインボーブリッジ なみだで見てる


どこか知らない 国へでも

逃げてゆけたら しあわせね

そんな会話が むなしくて

二人は一とつに なっていた

こゝは東京 海沿いホテル

みれんでしょ おばかさん

あれは始発の ゆりかもめ

グラスを握り 眠れないまゝ

想い出つゞりの 一夜を明かす


恋の断片を 集めても

ゆめが終わった 白い朝

鏡のぞいて 眉書いて

ひとりの女をたしかめる

こゝは東京 海沿いホテル

みれんでしょ おばかさん

せめてあかるい 顔をして

あなたのいない 同じ駅から

わたしは帰りの きっぷを買うの

提供: うたまっぷ