歌詞

夜明け

天童よしみ

作詞
池田充男
作曲
西條キロク

恋がひとつ冷めて

暗い夜が明ける

ながれない掘割に

光る朝がきたわ

出て行った あいつには

一から十まで だまされた

世話をして 夢を見て

ひとりにさせられた

たかが別れじゃないの

泣いてることはない ことはない


せまい部屋のすみに

使い捨てのライター

窓あけて投げようか

空にむけて遠く

この胸の なぐさめに

あてない旅など してみよう

お金なら 五 六枚

財布にのこってる

たかが別れじゃないの

泣いてることはない ことはない


出て行った あいつには

一から十まで だまされた

世話をして 夢を見て

ひとりにさせられた

たかが別れじゃないの

泣いてることはない ことはない

提供: うたまっぷ