歌詞

風の宿

大川栄策

作詞
たきのえいじ
作曲
水森英夫

火の粉散らして 舞いあがる

篝火切ない 薪能

あなた思えば 涙が走る

未練ごころに からみつく

日暮れむらさき 風の宿


秋の扇に はらはらと

こぼれてはかない 萩の花

月は満ちても 心は今も

恋路にはぐれて 闇のなか

夢も泡沫 風の宿


襟の乱れに 手をあてて

忍んで佇む 段かずら

抱いてください 寒がる肌を

あなた今すぐ そばにきて

帯が悲しい 風の宿

提供: うたまっぷ