歌詞

さだめ雪

長山洋子

作詞
星野哲郎
作曲
岡千秋

苦労 くの字に 木枝を曲げて

雪を着て咲く 梅の花

命かけなきゃ 花にはなれぬ

そんな意気地が 香に匂う

戴くわ その魂

私も雪に 咲く女


ぐずだ ちょろだと 叱ってくれる

人が居たから 今日がある

こんな私に 望みをかける

こわい師匠の 親ごころ

ありがとう しあわせよ

背中をおがむ 雪明り


耐えた者ほど やさしく生きる

しだれ紅梅 見て思う

春に先がけ 咲く一輪の

花の姿に 励まされ

たおやかに 凛々と

さだめの雪を 踏みしめる

提供: うたまっぷ