歌詞

君影草

川中美幸

作詞
水木かおる
作曲
弦哲也

白い小鈴を ふるように

君影草の 花が咲く

どうして人は 別れてゆくの

しあわせくれた あの人が

私を泣かす 北の国


細くかなしい 指先に

君影草の 花を摘む

待つことだけが 生きがいでした

あの日の虹の 七いろは

はかない恋の まぼろしか


夢のつゞきは どうなるの

君影草の 花よ花

このまゝ旅を さまよいながら

湖畔の宿の 明け暮れに

こころをきめて 帰りたい

提供: うたまっぷ