歌詞

雪雀

古都清乃

作詞
木下龍太郎
作曲
伊藤雪彦

ひとりぼっちじゃ 無理だけど

連れがあるから 生きられる

すずめ すずめ 二人はすずめ

この世の冬の 雪雀

互いの愛の ぬくもりで

凍えた羽を あたためる


惚れた貴方の 夢ならば

親も捨てます ふるさとも

すずめ すずめ 二人はすずめ

泣いたら負ける 雪雀

心に点もす 命火が

迷った時の 道しるべ


肌を刺すよな 北風も

少しゆるんで 春間近

すずめ すずめ 二人はすずめ

世間の隅の 雪雀

苦労の冬を 越えたなら

明日は空へ 舞い上がる

提供: うたまっぷ