歌詞

長良の萬サ

石川さゆり

作詞
峰崎林二郎
作曲
石田光輝

出がけ半升 上がって二升

長良の萬サの 仕事酒

土手のさくらが ほころぶ頃は

春にこがれる 五月鱒

夜明け間近の 一番川に

胸までつかって 胸までつかって


エイ! 竿を振る 竿を振る


(台詞)

生まれついての 川漁師や

川の顔みりゃなんでもわかる

川は自然のまんまがええんや

なぶるとあぶのうなるんや

なぶるとあかん

なぶるとあかん


二間四尺 段巻竿は

長良の萬サの 夢を釣る

釣れば暴れる 世話など焼かす

鮎はおなごと よく似てる

きつい雪水 船などいらぬ

無理と竿とが 無理と竿とが


エイ! あればいい あればいい


川の獲物は 授かりものよ

縁と運との 宝もの

女房おまえに 釣られた俺が

長良ひとすじ いのちひとすじ


エイ! さかな釣る 夢を釣る

提供: うたまっぷ