歌詞

大前田英五郎

鏡五郎

作詞
木下龍太郎
作曲
宮下健二

馬鹿な片意地 互いに張って

なんで大事な 命を捨てる

野暮な喧嘩を 度胸で分けて

顔で治める 男伊達

生まれ上州

生まれ上州 大前田


(台詞)

意地だ 義理だと角突き合わせて 親から貰った大事な躰、

粗末にしちゃあいけませんぜ。ここはこの大前田の顔に免じて

引いちゃあくれませんか。


悪さしたのも 若気の至り

付いた綽名が 火の玉小僧

二度と抜かぬと 長脇差に

結ぶ封印 こより糸

月も知ってる

月も知ってる 心意気


(台詞)

雁も最後は生まれ故郷の土になるってなぁ。鳥でさえそうなら

里心がつくのは当り前。生まれ在所の上州へ明日は帰ろうか。

故里で最後のひと咲き それが男と言う者じゃあござんせんか。


赤城おろしが 身に沁む頃か

捨てて出て来た 上州在は

せめて最後は 故郷の空に

咲いて散りたい 男花

戻り草鞋の

戻り草鞋の 英五郎

提供: うたまっぷ