歌詞

関の孫六

鳥羽一郎

作詞
関口義明
作曲
井川裕多加

火花散らして 打かれながら

外に吐き出す 心の濁り

そうさ 刀も 人間も

鍛えられなきゃ 強くはならぬ

関の孫六 男の姿を

男の姿を そこに見た


折れず曲がらず 優しく熱く

俺も生きたい この世の中を

そうさ 刀も 人間も

意地と情けと 切れ味勝負

命ふきこむ 男の背中に

男の背中に 未来がある


小瀬の鵜飼で きこえる里に

冴える鍛冶技 職人気質

そうさ 刀も 人間も

磨く魂 一生かけて

関の孫六 男の姿を

男の姿を そこに見た

提供: うたまっぷ