歌詞

北国の暦

大和裕二

作詞
山本茂
作曲
三原一乃

海をみていたら 子供のころが

丸い夕日に にじんで落ちた

さみしかないか はぐれっ子

生まれ北都の 想い出暦

リラに抱かれて たどろうか

おふくろよ もう一度だけ

俺の名前を 呼んでくれ


いつかおもいやる 心のわかる

歳になったよ 十年たった

あの時肩の 雪はらい

俺のわがまま 許してくれた

女はいまごろ どこの空

海峡よ もう一度だけ

俺のあしたに 花をくれ


俺のふるさとは レンガの揺れる

河が流れる 海辺の町

おやじのにおい 夢でかぎ

枕ぬらした ああ子守唄

里の小径は そのままに

おふくろよ もう一度だけ

俺の涙を ふいてくれ

提供: うたまっぷ