歌詞

天野屋利兵衛

鏡五郎

作詞
木下龍太郎
作曲
保田幸司郎

男同士の 約束ごとは

紙に書かずに 腹に書く

ご恩ある身の 大石様の

隠しごとなら 頼みなら

口が裂けても 漏らしゃせぬ

天野屋利兵衛は 男でござる


ここで一言 漏らしたならば

赤穂浪士の 皆々様の

長の苦労が 水の泡

吉良の屋敷へ 討入り道具

妻子に類が 及ぼとままよ

知らぬ存ぜぬ 押し通す

命 命捨て身の 天野屋利兵衛


(台詞)

えゝ! 去る十五日未明

大石内蔵助様を始め赤穂浪士の方々が吉良様のお屋敷に討入り。

見事ご本懐を遂げられた…と。

ご奉行様、それは真実にござりまするか…。

ああ 有難や これで天野屋の浮き世の義理と男の意地が立ちました。

今となれば隠しごとの何もかも

何もかも包み隠さず申し上げます。


受けた情けは この世で返す

借りちゃおけない あの世まで

儲けご破算 算盤捨てた

刀 差さない 商人の

これがせめての お助太刀

天野屋利兵衛は 男でござる


(台詞)

『見込んだりなや内蔵助 見込まれたりや天野屋利兵衛』

提供: うたまっぷ