歌詞

北都物語

小金沢昇司

作詞
木下龍太郎
作曲
弦哲也

あれから何年 経つのだろうか

君と別れた あの日から

ひとり北国 訪ねれば

再び燃える 恋ごころ

嫁いでいるのか しあわせか

アカシアの花に 花に訊きたい


どうしてさよなら したのだろうか

忘れられずに いるくせに

いつも若さと 言うものは

明日に悔いを 残すもの

あの日の二人に 戻れたら

アカシアの径で 径で逢いたい


逢わずに行くのが いいのだろうか

君が不幸で なかったら

恋の北国 この町は

想い出だけの 町でいい

グラスに花びら 受けながら

アカシアの酒に 酒に酔いたい

提供: うたまっぷ