歌詞

真剣師

金田たつえ

作詞
木下龍太郎
作曲
保田幸司郎

負けて傷つく 名誉はないが

勝たにゃ明日の 銭がない

誰が付けたか 真剣師

次の一手を 思案の駒に

命 捨て身の

命 捨て身の 将棋盤


(台詞)

賭け将棋に人生を賭けているから 真剣師。いい呼び名じゃございませんか

負ければ明日がない だから毎日毎日が真剣勝負なのでございます。


好いたほれたの 色恋沙汰は

なんで出来ない 後始末

いつか世間も 通せんぼ

恨みますよと 泣いてた女の

声が聴こえる

声が聴こえる 風の宿


(台詞)

私にもこの世にたった一人の子供が居ります。馬鹿をしながら貯めたこの金は

私に何かありましたら 子供に渡しちゃあくれませんか 詫びの印にしては

あまりにも少のうはございますが…。


駒に男の 人生賭けて

それで死ねたら 悔いはない

骨の髄まで 真剣師

賽の河原で 船賃賭けて

鬼を相手に

鬼を相手に 将棋指す

提供: うたまっぷ