歌詞

終着駅の女

若山かずさ

作詞
荒木とよひさ
作曲
幸耕平

遠い昔は 連絡船が

凍る 海峡 渡ってた

女ひとりの 終着駅は

北の さびれた 港町

あなた寒い 髪の先までも 想い出が からみつき

もしも海に この身投げたなら あ… 鴎よ

いまは 過去という名の

愛に ひとり はぐれて…


長い手紙の 最後の文字が

涙 にじんで 書けません

女ひとりの ホテルの窓に

遠く 漁火 ゆれてます

あなた抱いて せめて面影で ひとりでは 眠れない

もしも今度 生まれ変われたら あ… 鴎に

いまは 過去という名の

愛に ひとり はぐれて…


あなた寒い 髪の先までも 想い出が からみつき

もしも海に この身投げたなら あ… 鴎よ

いまは 過去という名の

愛に ひとり はぐれて…

提供: うたまっぷ